MG百式Ver.2.0


ストレートに組んで部分塗装と汚しだけで仕上げました。 つや消しなのによく光る。


つや消し金メッキに汚しって、普通より重厚感でますね。


後姿も重厚感たっぷり。



ビームライフル


背中にクレイバズーカも背負ってます。


「なめるな!」ってアッシマーを狙うあのシーン。


ラストシューティングじゃないですよ。


高田さんの「出てこいや!」でもないですよ。







クレイバズーカ


この持ち方しが一番しっくりきます。




撮り忘れましたけど、クレイバズーカのマガジンは着脱可能です。


銃口にも細かいディテール。



ビームサーベル


…暗いなー。


そういや百式がビームサーベル使うシーンってあまり見ないですね。


そういや百式の二刀流ってあまり見ないですね。


ビーム刃はペーパー掛けしてホワイトでグラデーション。



アクションベースでアクションポーズ


グリプス戦役終盤って感じカナー? そりゃ百式だって汚れますよ。


このポーズが一番好きです。


二刀流好きな私。



各部のアップ


反射でカメラアイが光りってます。


差し色のメタリックレッドおよびブルーがきいてます。


バインダーはよく動くし、サーベルラックは上下にスライドします。


全体的に『らいだ〜Joe』さんのパクり…コピー…オマージュです。


らいだ〜Joeさん、ありがとう。面識ないけど。



おまけ

 ビームライフル、クレイバズーカはバックパックにマウント可能。

 コックピットハッチ、開きます。
中にはクワトロさんが座ってます。 こんな感じで。

カメラアイは選べる3パターン。
デュアルアイ 通常 走査線

クワトロ大尉は2個附属してたので、1個はヘンケン艦長の制服にしてイメチェン。似合うなー。




 《改造》
 ・なし!


 《塗装工程》
 1.成型色のまま付属のシールを貼り付け。
 2.部分塗装後、つや消しクリアーを吹き付け。
 3.エナメル系塗料(メタリックグレイ)でドライブラシとチッピング。
 4.リアルタッチマーカー(ブラウン)でウェザリング。
 5.仕上げにつや消しクリアーを吹き付け。

 部分塗装には、おもにエナメル系のクリアーレッド、クリアーブルー、ゴールドリーフ、
 フラットブラックを使用しました。
 ところどころ、水性シルバーを下地にしてエナメル系クリアーレッドやクリアーブルーで
 仕上げてます。



 《キットレビュー(良いところ)》
 良いとこだらけです。
 プロポーションはもちろん、各部のギミックもすばらしいし付属品も豊富だし。
 関節パーツなど見えないところにまでこだわりを感じます。
 光沢を抑えたフラットなゴールドメッキもいい雰囲気。

 《キットレビュー(悪いところ)》
 フラットなゴールドメッキはいい雰囲気なのですが、仕上がりが汚い。
 ムラは酷いし、時々毛が混入してメッキ表面に貼り付いてるし…。
 あと、パーツ同士の合いが良すぎて、ヘタすると塗膜一枚でキッツキツになるので、
 ガッツリ塗装派の人は要注意。(それだけ精度が高いって事なんでしょうけど。)
 


戻る