HG ドム試作実験機


白ラインを赤ラインに変更したドム試作実験機


初めて見た時から、赤ラインにしてやろうと決めてました。


プロトタイプドムの雰囲気がありますネ。


ほぼストレートに組んで部分塗装と汚しで仕上げました。



ビームバズーカ


グリップが動くので無理なく構えることができます。


こんなポーズも楽々。


大迫力!


部分塗装がきいてますネ。


後姿もステキ。



ヒートサーベル


ズサーッと来そう。




…抜けない。



ヒートサーベルでドリフの剣道コント


剣の道とは、是れすなわち葉隠れの道である。 ふおぉ〜〜…(尺八)


♪ぁ突いて、ぁ突いて、


♪ぁ押して、ぁ押して、


♪ぁ払って、ぁ払って、


♪ぁ最後は


♪斬る


でーん
(…失礼しました。)



アクションベースでアクションポーズ




う〜ん…ドムはしっかり地に足をつけてる方が好きカナ…。


わんぱくな一面も。


足裏、脚部スカートのバーニアはこんな感じ。



前後


コックピットはクリアーイエローにしました。


激しが汚しい…イヤ、汚しが激しいですね。



ビームバズーカ













スコープにクリアーパーツを追加してます。




 《改造》
 ・足裏のバーニアをコトブキヤの『バーニアノズルU』に交換
 ・モノアイやバズーカのスコープにクリアーパーツを使用
 ・バズーカの銃口やグリップの後ハメ加工
 ・ラインシールを白から赤に変更


 《塗装工程》
 1.付属の白いラインシールに『RLM23 レッド』を塗装。
 2.成型色のまま付属のシール(塗装済み)を貼り付け。
 3.部分塗装後、つや消しクリアーを吹き付け。
 4.エナメル系塗料(メタリックグレイ)でドライブラシとチッピング。
 5.リアルタッチマーカー(ブラウン)でウェザリング。
 6.仕上げにつや消しクリアーを吹き付け。

 部分塗装には、水性シルバーを下地にしてエナメル系クリアーレッドや
 リアルタッチマーカー(ブラウン、イエロー、レッド)を使用。


 《キットレビュー(良いところ)》
 まずカッコいい。
 作りやすいし良く動く。
 ビームバズーカも大迫力!

 《キットレビュー(悪いところ)》
 オリジンのシャアザクの時もそうだったけど、ラインシールがキットの
 モールド上にかかってしまうので、キチンと処理してやる必要がある。
 あと、ビームバズーカを持たせると重みで体が傾く。
 (※ バズーカを持った肘を腰で支えると安定します。)



おまけ

付属のラインシール 『RLM23 レッド』で塗装 剥がれた所はリタッチしましょ

足裏のバーニア くり抜いて 市販のバーニアに交換

モノアイも削り落として クリアーパーツに交換 裏はシルバーで塗装


戻る