1/144 レッドウォーリア(狂四郎バージョン)
NEXT→制作記録










後姿






ハイパーバズーカ






ビームサーベル






各部のアップとちょっと解説

アメイジングレッドウォーリアを改造して、『プラモ狂四郎』オリジナルのレッドウォーリアにしました。

ブレードアンテナはニードルタイプに変更。
バルカン砲には真鍮パイプを使用。

丸みを帯びたビームサーベル基部。
上腕はネオジム磁石で簡単取り付け。

 段落ちの無い直線的な形状の胸部装甲。
 残念ながら胸部ミサイルランチャーは省略。
 シンプルな腰部アーマー。
 狂四郎版はこの潔さがカッコイイんです。

 ここもシンプルな形状のスネの装甲。
 デカールはパーフェクトガンダムVの意味で。
 『アメイジング〜』では、甲パーツに隠れている
 足首のフレーム。(アンクルガードかな?)



さらにちょっと解説

 ビームサーベルは真鍮線で差し込みます。
 『アメイジング〜』と同様に短めのビーム刃。
 ちょっと軸が斜めってますけど、取り付け後に
 クルクルやって調整します。

 磁力で固定されているバーニアユニット。
 肩の内部にネオジム磁石が仕込んであります。

 プラ板によるフルスクラッチのバーニアユニット。
 実は動力パイプでは肩に固定されません。
 ユニット底面に貼り付けたマグネットセッターと
 肩側のネオジムで固定します。

バズーカは後半分がスクラッチ。
もちろん伸縮します。

狂四郎デカールを貼り付けたアクリルベース。
1/144パーフェクトガンダムからパクりました。




 《改造》
  頭
 ・アンテナをニードル型に変更して、バルカン砲に真鍮パイプを使用。
 ・おでこの五角形も少々形状変更。

  胴体
 ・胸部装甲、腰部フロント、サイド、リアアーマーの形状変更。

  腕
 ・肩パーツを『HGUC黒い三連星ザク』から流用。
 ・肩と上腕の取り付けをネオジム磁石に変更。
 ・上腕と前腕の後ハメ加工。
 ・右腕ビームサーベル基部の形状変更。

  足
 ・太ももと膝関節の後ハメ加工。
 ・スネと、足首前部の装甲と、くるぶしから伸びるフレームの形状変更。

  バーニア
 ・ランドセル左側の穴をプラ板でふさぎました。
 ・両肩のバーニアユニットをプラ板の箱組みでフルスクラッチ。

  武器
 ・バズーカ後半分を各種プラ材とエポキシパテで新造。

  展示用ベース
 ・黒いアクリル板に1/144パーフェクトガンダム付属のデカールを貼り付け。


 《塗装》
 ・赤部分:レッド。モンザでもシャインでもなくモロにレッドです。
 ・濃い赤部分:マルーン…か何か。すんません、忘れました。
 ・黄色部分:RLM04イエロー。
 ・白部分:グランプリホワイト。
 ・手、足の甲:たぶんネービーブルー。見た感じネービーブルー…忘れました。
 ・メカ部分:エンジングレーFS16081…のハズ。

 基本塗装終了後にデカールを貼り付け、リアルタッチマーカー(おもにブラウン)で
 ウェザリング。 仕上げにつや消しクリアーを吹き付け。


 《改造について》
 今回は大改造してるので、キットレビューではなく改造についてのお話を。
 まずは、いろいろ覚えてなくてすみません。
 ずいぶん前に作ったキットですし、記録も残ってなかったもので…。

 『アメイジングレッドウォーリア』から『狂四郎版レッドウォーリア』への改造ですが、
 やってみると意外に相違点が多くあり、結構大変な作業でした。
 パッと見、簡単に出来そうな気がしたのですが…甘かったです。
 同じようなことやってみようとして挫折した方も多いんじゃないでしょうか。

 特に、胸部装甲と襟のつながりは形状のつじつま合わせが難しく苦労しました。
 2基のバーニアユニットやハイパーバズーカの後半分も、結局スクラッチですし。

 また、肩パーツは別キットから流用しましたが、あんまりこだわらないならここは
 キットのままでも良いかも知れないですネ。
 スネの装甲なんかもチョイ直しで良しとしてもいいかも。
 足首も、なんならバーニアユニットも…って、もう言い出したら『狂四郎版』らしさが
 どんどん削られていきますね。 大変ですが頑張ってこだわっていきましょー。

 でも『アメイジングレッドウォーリア』の複雑な形状を『狂四郎版レッドウォーリア』の
 シンプルな形状に修正するのは結構楽しいですヨ♪ 是非お試しあれ。
 


NEXT→制作記録


戻る