1/144 レッドウォーリア(狂四郎バージョン)制作記録

使用キット『HGBF アメイジングレッドウォーリア』
こんなにカッコイイキットです。

これを…
これにするわけです。

資料は漫画。 改めて見るとあいまいなところが多いデザインで困りました。



制作工程(少しだけ)

 おでこの五角形の形状を変更し、バルカン砲を
 ピンバイスで開口し真鍮パイプを埋め込みます。
 アンテナの取り付け位置もやや後へと変更。
 軸には真鍮パイプを使用してます。

 一番大変だった胸部装甲の形状変更。
 クリーム色い部分はポリパテ、白はプラ板です。
 これは首の付け根にある襟のパーツ。
 襟を削り落としたので首の付け根パーツですね。

 腰パーツは、前後左右のアーマーの形状変更。
 あと、フンドシ部分もプラ板で延長しています。
 これは太もも(右)と膝関節(左)の後ハメです。
 後ハメだけではゆるいので最後に接着します。

 スネの装甲も大幅に形状変更。
 ただ平坦にするのでなく微妙に反り返ってます。
 黄色はポリパテ、薄い黄土色はエポパテです。
 あと裾もプラ板で延長してあります。

 足首パーツは比較的小改造でオッケーです。
 甲の装甲はポリパテで新造します。
 バラして見るとこんな感じ。
 こうするとフレームパーツは後ハメできます。

 一見簡単に見える足首の改造ですが…実は、
 フレームパーツの後ハメで大失敗しました。
 この分割では歪みが酷くて上手くいきません。
 結局キットをも1個買うハメになりました。(泣)

 上腕と前腕の後ハメ加工。
 塗装後に接着するのを前提にした後ハメです。
 上腕と肩はネオジム磁石による簡単取り付け。
 肩はHGUCザク(黒い三連星)のパーツを使用。

 プラ板の箱組みでバーニアユニットの制作。
 キットのバーニアユニットは、形状は似てますが
 意外に修正するのが難しくて使えませんでした。
 底側から見ると中の仕組みがよく分かります。
 構造的にもキットのものとは大分違います。
 大事なとこなのに画像少なくてごめんなさい。

 ランドセル左側の穴はプラ板で塞いでやります。
 塞いだところは内側からポリパテで補強し。

 ハイパーバズーカは、後部の形状が違い過ぎて
 使えませんので、前部のみキットのものを使用。
 後部は各種プラ材とエポパテで新造です。
 グレーの部分はWAVEのG・タンクだったかな。

 白い部分はプラ板、黄土色はエポパテです。
 一部、色違い(グレー)のプラ板も使ってます。
 プラ板は出来るだけ正確に切り出しますが、
 隙間はポリパテで埋めてしまえばオッケーです。

サフ吹き。
こうして見ると本当にシンプル。



アメイジングレッドウォーリアとの比較

『HGBF アメイジングレッドウォーリア』
こっちは『HGUC レッドウォーリア』という感じ。

後姿
なんかスッキリしてますね。


トップへ
戻る